ところで信玄を見てくれ。こいつをどう思う?

すごく…弱いです…。島根大学将棋部在籍の信玄さんによる、だいたい将棋+αの日記。

twitterタグの消化

 お久しぶりです。twitterのタグに便乗したので、リプライのきた局面について書こうと思います。にしても一年以上記事書いてなかったのか・・・。

 

f:id:shingenshogi:20150823020942j:plain

 まずこの局面。戦型は・・ゴキ中に丸山ワクチンで対抗して、振り飛車側が逆棒銀をしたのでしょうか。

 形勢判断ですが、1「駒の損得」は無し。ただ馬が出来ているので先手が若干いいと思います。2「駒の働き」は先手がはっきりよし。先手は遊び駒が無いのに比べて後手は24の銀と26の角が不安定です。3「玉の堅さ」これも3枚美濃に囲えている先手が良さそうです。4「手番」は後手ですね。

 以上から局面の形勢は先手が良いと判断します。それを前提に後手の指してを考えます。候補手として1「△3三銀」2「△4四角」3「△2八飛」をあげます。それぞれ見ていきます。

 1「△3三銀」は浮いている銀を引きつけながら馬の効きを止める手です。これには▲1一馬が自然です。▲1一馬とした局面は次に▲2五飛と打つ手が厳しいです。それを受けなければなりませんが、△2八飛とすると▲2五飛△3一金▲2六飛△同飛成▲2七香と進み、最後の香が厳しく先手優勢です。なので後手は△4四角とするのが自然でしょう。対して先手は▲7七桂。

f:id:shingenshogi:20150823023707p:plain

先手は次に▲4五銀と角を追う手と2筋に飛車を打つ手が狙いになります。後手は歩切れが痛いですね。後手の手は馬を追いやる△4二銀と飛車を先着する△2八飛に分かれます。

 まず△4二銀ですが、これには単に▲4四馬△同歩▲2二飛として先手が良いでしょう。△3一金には▲2八飛成と引きつけ後手から手はありません。

 次に△2八飛の局面を考えます。先手としては無条件に桂香を拾われるのはさけなければなりません。というわけでここは▲2七飛と合わせるのがいいと思います。 以下△同飛成▲同銀に(1)△4二銀は▲4四馬△同歩に一度▲3八銀としてどうか。△2八飛には▲2七角と飛車を閉じこめ、次に飛車を打ち込んで先手良さそうで す。後手としては歩切れで小技が効かないのが悩みです。逆に先手は2筋に歩が効くのが大きいですね。また△2八角は▲2二飛△1九角成▲2一飛成△3一金 ▲2四竜△2八飛に、▲同竜△同馬▲4七角と急所の筋に角を据えて8六香~7五桂を狙って先手良しでしょう。(2)△2八飛には▲1八銀と引き次に▲2七香が狙いになります。後手の飛車は桂香が拾えず、1八の銀は見た目は悪くても働いていると考えます。

 2「△4四角」ですがこれには自然に▲同馬△同歩▲2二飛と進めて先手が良さそうです。以下△2八飛▲2一飛成△5二金左に、またもや▲4七角の自陣角が急所を狙いながら桂取りを受けた手で先手はっきり良いでしょう。

 3「△2八飛」にはここでも▲2七飛と合わせるのがいいと思います。△同飛成▲同銀が角に当たり、△4四角は▲同馬△同歩▲2二飛で先手優勢。△3三銀は▲1一馬△4四角▲7七桂で1「3三銀」で述べた変化に合流します。

 一つめの局面については以上をもって先手良しと結論づけます。次の局面は以下になります。

f:id:shingenshogi:20150823034245p:plain

 居飛車振り飛車の対抗形、急戦の将棋ですね。まず形勢判断ですが1「駒の損得」は無しです。2「玉の堅さ」は圧倒的に先手ですね。何より3三の金が悪い形です。3「駒の働き」は五分でしょう。振り飛車の角はよく効いている印象です。4「手番」は先手です。総合的に見て先手少し指しやすい形勢でしょうか。

 しかしここで先手の手は広く何を指せばいいか悩ましいです。ひとめは▲5五歩ですが△同歩▲同角△7三歩でどうするか。▲5四歩と垂らしてみたいですが、すぐ△5三歩と合わせられてもよくわかりません。そこで局面に戻りますが自分なら▲1五歩としてみたいです。次に▲1四歩と取り込めれば大きいので当然△同歩ですが▲1三歩と垂らしてどうでしょうか。

f:id:shingenshogi:20150823035600p:plain

△同香には▲1二歩として次の▲1一歩成が受かりません。△2二玉には▲1一歩成△同玉▲4六角がありますね。なので、▲1三歩には△7三桂や△4四歩といったような手になると思います。▲1五香とはしって良くなれば簡単ですが、▲1五香には△1六飛という手があり簡単ではありません。以下▲1二歩成から香交換になりますが形勢は何とも言えません。歩損していますが後手は飛車を手放しています。私は先手を持ってみたいかなと考えます。

 

 以上twitterでもらった局面を簡単にですが考えてみました。中盤の指し手は非常に選択肢が多く、自分の候補手以外にもたくさんあると思います。あくまでも私の考えですので、何か気になることがあればリプとばしてやってください。それと、このタグは非常につかれたのでもうしないでしょう。ブログはこのまま消すのもなんなので、そのうちまた記事を書ければなと思います。それではまた。